フランス

フランスワインを紹介するページです。フランスワインと言えば、ボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュ、ローヌ、ロワール、プロバンス、アルザスなどが有名な産地です。




[PR]



2005年11月18日(Fri)▲ページの先頭へ
Chateau de Lussac(シャトー・ド・リュサック)
ワイン名 リュサック・サン・テミリオン
産地 仏・ボルドー
リュサック・サンテミリオン
格付け AOC
品種 カベルネ・フラン,カベルネ・ソーヴィニヨン,メルローなど

エノテカで購入,2000円前後だったと記憶

私の好きなワインのひとつ。そのぶどう畑はサン・テミリオンの北に位置するらしい。
価格の割りに、力強く、タンニンも弱くない感じだが飲みやすく、香りも落ち着いた感じ。滑らかで飲みやすいし、なんだか上品な感じがするワインだ。お肉との相性もとても良い。
少し熟成させるともっと美味しくなるらしいが、悪い癖ですぐに飲んでしまう・・・



2005年08月19日(Fri)▲ページの先頭へ
Calon-Segur 1994
ワイン名 シャトー・カロン・セギュール
産地 ボルドー
サン・テステフ
格付け
品種 カベルネ・ソーヴィニヨン

購入価格等不明、たぶん10000円弱

そのハートのラベルで有名なCalon-Segur。バレンタインやクリスマスのディナー用に飲んだことのある人も多いはず。
もともと、ボルドーの大地主さんだったセギュール侯爵。この方がラトゥールもラフィットも所有しながらカロンをこよなく愛していて、友人に「わが心はカロンにあり」と語ったとか。それで侯爵の愛情を表すハートのマークがラベルについているとか。

ところでカロン・セギュールはサンテステフ村の中でも最北部にあるそうで、ここで獲れる葡萄はタンニンがしっかりしているのだそう。そのため若いうちに飲むよりも、熟成させてから飲んだほうが美味しいらしい。
というわけでもう少し待ったほうがまろみのある味になったのかも(ちなみに1994年モノを2001年に飲みました)。飲んだ感じでは、私の好みとは少し違ったような。



2005年08月14日(Sun)▲ページの先頭へ
Cotes De Provence L'Age d'Or Domaines Ott
ワイン名 コート・ド・プロヴァンス・ルージュ "ラージュ・ドール"
ドメーヌ・オットー
産地 南仏
格付け
品種 カベルネ・ソーヴィニヨン

初めて購入したのは1999年頃/
ワインショップ・エノテカ 新潟店で購入/2200円

コート・ド・プロバンスの赤ワイン。これが意外と好き。プロバンスワインといえばボトルの形に特徴があるが、それもなんだかお洒落で美しくて、そこにあるだけでも楽しい。特にオットー社のものはボトルも特徴的らしい。プロバンスの赤はワイルドで力強いなどと言うが、こちらはかなり洗練された感じも受けるワイン。
それでも、季節を問わず料理を問わずシチュエーションを問わず楽しめる感じで、とても便利な一本でもある。価格もそこそこだし、ボトルも美しいので、おもてなしのテーブルでも役に立つし、お呼ばれのときの手土産にもよい感じ。味のほうもさっぱりしていながら薄くなく、フレッシュなようでフクザツで。とにかく美味しいと思った。
他のプロバンスワインも飲んでみたけれど、このワインが一番。白やロゼも飲んでみたけれど、この赤がやはり一番。

ドメーヌ・オットーは実は南仏No.1のドメーヌらしい。オーナーは1896年にアルザス地方からこの土地へ移住したマルセル・オットーさん。20世紀の初めに、プロバンスで世界に通用するロゼワインを作った伝説のワイナリーだと言う。
よく行くワイン屋さんにはこれがなかなか売っていない。たまに置いてあって、しかもセールになっていたりすると、嬉しくてついまとめ買いをしてしまう。最近は楽天市場のエノテカでこのワインを発見。うれしい限りだ。



Les Forts de Latour 1997 (375ml)
ワイン名 レ・フォール・ド・ラトゥール
産地 ボルドー地方
ポイヤック地区
格付け AOC
品種 カベルネ・ソーヴィニヨン

船橋の西武百貨店で購入/2980円

レ・フォール・ド・ラトゥールの1997年のハーフボトル。 かなり安いお買い物かと。ただハーフサイズ(375ml)なのであっという間でしたが。味はやはり私好み。美味しかった。



2005年08月13日(Sat)▲ページの先頭へ
Les Forts de Latour 1997
ワイン名 レ・フォール・ド・ラトゥール
産地 ボルドー地方
ポイヤック地区
格付け AOC
品種 カベルネ・ソーヴィニヨン

購入日/購入場所は不明

レ・フォール・ド・ラトゥールの1997年。1996年よりやや評価が下がる。後から知ったのだけれど、1997のLatourは少し寝かせた2002年以降が飲み頃だったらしい。少しフライング?して、2001年中に飲んでしまった。でもラトゥールは評価に関係なく、たいてい何年のモノでも安定した美味しさがある。十分美味しかった。
「MIS EN BOUTELLE A LA PROPRIETE」と言うのは「葡萄畑所有者元詰ワイン」すなわち「このシャトーで瓶詰した」という意味だそうだ。ちなみにラベルを破いてしまった同じワインの1993年は、4980円で購入。



2005年08月12日(Fri)▲ページの先頭へ
Les Forts de Latour 1996
ワイン名 レ・フォール・ド・ラトゥール
産地 ボルドー地方
ポイヤック地区
格付け AOC
品種 カベルネ・ソーヴィニヨン

購入日/購入場所は不明

私の最も好きなワイン。シャトー・ラトゥール(Chateau Latour)といえば、フランスのボルドー地方のプリミエ・グラン・クリュ。このワインはそこのセカンドラベル。セカンドでも十分おいしい。
ラベルに書かれている「MIS EN BOUTELLE AU CHAYEAU」と言うのは「このシャトーで瓶詰した」という意味。
深い濃い色で、まろやかな香り。味は渋みが強くなく酸味もあまり感じない。時間を少しおくと益々まろやかないい香り。とにかく大好きなワイン。
1996年のボルドーの赤の評価はかなり高いようで、美味しかったのも納得。



   


まりちゃんず

関連サイト
おうちで映画
おうちで読書

お気に入りリンク
ころちゃんず
しろのしう太日記、秀太選手応援日記
阪神タイガース トラライフ


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2017年7月
           
22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ
2005年 (32)
8月 (27)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (1)
2006年 (1)
3月 (1)

アクセスカウンタ
今日:4
昨日:11
累計:82,505