豆知識

ワインに関する豆知識を紹介するページです。




[PR]



2005年08月20日(Sat)▲ページの先頭へ
ワインの種類
ワインと一口に言っても世界にはいろいろなものがある。
その分類の仕方はいろいろあるとは思うが、分かりやすいものをあげてみた。
まずはもっとも分かりやすい分類、【色による分類】だ。

■赤ワイン(vin rouge,vino rosso,vino tinto,vinho tinto,red wine)
皮ごとの葡萄の粒を使って作るもので、発酵中にその皮の色素により赤くなる。同様に種子からはタンニンが溶け出しワインに渋味を与える。

■白ワイン(vin blanc,vino bianco,vino blanco,vinho branco,Weiβwein,white wine)
皮を除き、果汁だけを発酵させて作るもの。

■ロゼワイン(vin rose,pink wine,vino rosato,vino rosado,vinho rosado,pink wine)
その名の通りピンク色をしたワインを言うが、製法には2通りあるらしい。
1.赤ワインを作る途中に皮を除いた一部を用いて作る方法
2.白ワインを作る方法で赤ワイン用の葡萄を用いて、果汁を搾る際に皮の組織が壊れ色素が出たものと、搾らずに垂れてきた色素の薄いものとを混合して作る方法
の2つだ。
ロゼにも使用した葡萄やその製法により、ピンクと一口で言っても、白に近いものから赤に近いものまで多種多様のものがあるらしい。

■灰色ワイン(vin gris)
ブルゴーニュ地方のワインで、果汁自体が薄い赤い色をしたものを使用して作るもの。とても薄い色をしているそうだ。



2005年08月15日(Mon)▲ページの先頭へ
「ワイン」とは?
英語ではwine、フランス語ではvin、イタリア・スペイン語ではvino、ドイツ語ではWein。語源はラテン語の「vinum(ヴィヌム)」(ちなみに葡萄はvitis、葡萄畑はvinea)。 これが英語圏に入り「vin」の部分が「win」になったらしいです。

葡萄からつくられた酒=葡萄酒を普通ワインと呼びます。
「OIV【ORGANISATION INTERNATIONALE DE LA VIGNE ET DU VIN】(ぶどう・ワイン国際機構)」の定義では「新鮮なぶどうやその果汁を完全または途中まで発酵させて出来た飲み物」としているそうです。


   


まりちゃんず

関連サイト
おうちで映画
おうちで読書

お気に入りリンク
ころちゃんず
しろのしう太日記、秀太選手応援日記
阪神タイガース トラライフ


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2017年2月
     
23 24 25
26 27 28        

アーカイブ
2005年 (32)
8月 (27)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (1)
2006年 (1)
3月 (1)

アクセスカウンタ
今日:8
昨日:9
累計:80,017